欲求不満の42歳の熟女

アラフォー熟女出会いでバイブ狂乱
アラフォー熟女のフェラは抜群だった。今度は俺が責める番だシートを倒し、熟女の服を脱がせていく。
今日は、いいアラフォー熟女との出会いに感謝です。 もはや観念したのか、感じてしまったのか、女は抵抗することはない。 パンスト越しに、白いTバックショーツが尻肉にぐっさり食い込んでいる。
強引にパンストを脱がせた。そして四つん這いにさせた。
熟女は切ない声を上げる。 震えている尻肉の谷間に鼻先を食い込ませると、私は上下に擦り立て始めた。 生暖かい湿り気が感じられた。
汗と恥臭の入り交じった香りが鼻を突く。密集している恥毛がはみ出ている。 紅潮した顔の熟女から、鳴咽が漏れた。
ショーツを太腿まで下げた私は、ダッシュボードからあるものを取りだした。 極太の黒いバイブである。スイッチを入れられたバイプは、鈍い震動音をさせながらいやらしくのたくり始めた。
熟女の表情が変わった。実物を見るのは初めてなのだろうか。 私の興奮は、最高潮である。
これからこの熟女を快楽の中に導くのだ!



熟女出会い